株式会社オダプリント,名刺、チラシ、ラベル、カレンダー,うちわ,各種印刷 ,オンデマンド印刷,その他イベント広告関連,製本,

株式会社オダプリント、プリントオンデマンド東北、略称オダプリ,青い森印刷会社、のページです。

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷(Print On Demand: POD)

当社では、永年の研究により今流行のオンデマンド印刷よりも優れた方法で印刷できますが、最近の業界の流れでは、ランクを落とさなければ成らなくなりました。又、オンデマンドと言う言葉も流行りました。

「プリントオンデマンド東北」事業部開設

オンデマンド印刷機

オンデマンド印刷とは何でしょう。

オンデマンドは英語の「On Demand:要求に応じて」と言う言葉が語源になっています。
オンデマンド印刷(Print On Demand: POD)は「必要なものを、必要な時に、必要な分だけ」印刷できるシステムのことです。
オンデマンド印刷は厳密に言えば特定の印刷技法を指した言い方ではありません。


どのような印刷方法であっても上記のように「必要なものを、必要な時に、必要な分だけ」印刷できさえすればオンデマンド印刷だと言えます。

封筒に一枚からでも出来るカラー印刷見本

画像の説明



しかし従来の問題として、従来のプロセス印刷などでは実際に印刷物が刷り上がるまでにはまず印刷の基礎となる4色に色分解し、各色の製版作業を経て、その後印刷すると言う流れがありました。


いくつもの行程を必要とするため刷り上がった印刷物を手にするまでには最低でも3日間程度の日数がかかっていました。


また製版をするために10部や100部といった少数部数の場合には大変に割高になってしまうのも欠点でした。


現在普通に言うオンデマンド印刷の場合はこうした従来の方法ではなく、新しく開発されたデジタル印刷機を用いて印刷されることがほとんどです。


デジタル印刷機は言わば大掛かりなプリンターとも言えるもので、印刷データの入校から印刷までを製版などの課程を経ること無くダイレクトに行います。


ページ物の印刷の場合では印刷物を綴じたりする行程まで行うことも可能で、プロセス印刷とは比較にならないほど短時間で全ての行程が完了します。

オンデマンド印刷では極端な場合、1部だけの印刷からでも可能です。

工程が極端に省略されることで納期の短縮以外にも、制作費用が安価で済む大きな利点があります。

オンデマンド印刷のメリットとしては印刷時間とコストの大幅な削減が最大のものですが、その他にもデジタル印刷機さえあれば印刷、製本までの工程が一貫して行われるため人件費も少なくて済みます。


また最近のオンデマンド印刷では入校の際にも様々なデータ形式での入校が可能なためデータを作成する側でも手間が省けます。


またこれは必ずしもオンデマンド印刷に限ったことではありませんが印刷データの入校の際以前はMOやCD-Rと言ったメディアで持ち込むことがほとんどでしたが最近ではインターネット環境が進んで来たことにより、かなりデータ容量の大きなものでもネット経由で入校できるようになりました。

そのため時間の短縮とともにMOやCD-Rといったメディアも不要な場合が多くコスト削減につながります。

必ずしもデメリットとは言えませんが大部数などを印刷する場合には通常のオフセット印刷などの方法を用いた方が1部あたりのコストが安く済む場合があります。


使用する用紙や内容によっても異なりますが400~500部以上を印刷するようであればオフセット印刷方法を用いた方が1部あたりのコストが安く済む場合があります。

バリアブル印刷とCTP印刷

少数部数ごとに内容の変わるチラシの印刷などはバリアブル印刷と呼ばれており、オンデマンド印刷の最も得意とするところなのです。
オンデマンド印刷では数部程度のわずかな部数からでもコストを気にせず作成できるメリットがありました。


これに印刷物の一部だけを変えて多くの種類を作成する機能をプラスしたものがバリアブル印刷と言うサービスなのです。
オンデマンド印刷でバリアブル印刷を併用すれば、例えば多岐に分かれる顧客の好みごとに異なる内容のチラシを作成し、きめ細かな営業活動を展開することも可能です。

顧客ごとのニーズをムダなく反映させることでチラシに対するレスポンスは向上し、収益率が大幅に伸びるとも言われています。
バリアブル印刷は様々なDMやチラシをはじめ、請求書や会員証、提案書やスーパーなどのPOPにも効果的に利用されています。
またオンデマンド印刷に関連してCTP印刷と言う言葉も良く耳にします。

●CTP

1. CTPってなに?

画像の説明画像の説明画像の説明


コンピュータ トゥ プレート(Computer to Plate)の略で、デジタルダイレクトプレートセッター(製版機)のことです。場合によってはプレートそのものを指すこともありますが、ここではプレートセッターとして進めていきます。CTPは以下の3種類に大別されます。

1)紙ベース版を版材とするレーザープリンタやインクリボンプリンタ
2)ポリエステル版を版材とするフレキシブルCTPセッター
3)アルミプレートを版材とするレーザーイメージング技術を応用したアルミCTPセッター

この中で近年CTP、CTPと騒がれているのが、3)のアルミCTPです。アルミCTP自体は決して新しい技術ではありませんが、DRUPA’95で価格、品質、生産性ともに実用に耐えうるレベルに達した製品が登場しました。

その後、多くのメーカーがCTP市場に続々と参入し、低価格、高品質化、高速化が現在もなお続いています。DRUPA’95当時、菊全判クラスで時間当りの出力数は8版がやっと、といったところでしたが、現在では時間あたりの出力数20版以上と、僅か7年間で約3倍のスピードとなりました。

機械価格・プレート価格においては、この7年間でともに半値以下となり、設備対象として大いに魅力的なものとなりました。2001年度の国内設置台数は菊全判、菊半裁判クラスを併せて約370台と報告されています。

2. CTPのメリット

製品の完成度、値ごろ感はもちろんのことですが、新たに設備をする以上、従来のアナログによる工程に比べてどのような具体的メリットがあるのでしょうか。

カラーマネージメントを始め、デジタルによる印刷品質の管理を可能にする
製版・刷版工程の短縮による納期短縮とそれに伴う物的・人的コストの軽減

オフセット印刷機


ダイレクト刷版による品質の向上
見当精度の向上による失敗紙の軽減
多品種・小ロットへの対応
生産性・瞬発力の向上
デジタルデータによる置版(従来置版の保管スペースを有効に利用)等が挙げられます。

CTPのデメリット

3. CTPのデメリット

一方ではデメリットもあります。

アナログからデジタルに移行する過程での混乱は、大変でした
現場のオペレータの方が今まで積み上げてきたアナログ的技術を大きくデジタル技術へ移行しなければなりません。周到な準備が必要になりました。

フィルムによる検版・校正作業のデジタル化

当社では10年以上前から、フィルムを使ったケミカルプルーフから、色校・外校を本機校正やDDCP(ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフ Direct Digital Color Proof)に移行し、フィルムレスにするためにデジタル化によるカラーマネージメントを構築し移行しまた。

オンデマンド印刷の下地となったのは云うまでもありません。
小部数のアルバム、自分史出版、いろんなことが出来ます。
一度ご相談下さい。

☆☆☆☆これからの印刷会社は、紙だけに印刷するだけでなく電子ブックでの配信が必要です。☆☆☆☆



画像の説明

red
a:3940 t:1 y:0

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

青森県南部八戸市の印刷会社